更新情報

「How to Mu」 Muの利用の仕方


 

Muは「無」!!

Muは、白浜と白浜を含めた南紀の良さを体験・体感し楽しんで頂くためのベースになる為に、リーズナブルかつフレキシブルそして面白い情報を得るコミュティの場を持つホステルです。
だから、華美な装飾やいたれりつくせりのサービスはありません。
あるのは、奇麗に掃除されたお部屋と心地いいコミュニティスペースだけです。
だから、Guestの皆様にお願いしないといけないことがあります。
また、逆に他の宿にはないサービスもあります。

そんなMuの使い方をご紹介致します。

 

 

 

 

 

【お風呂・シャワー】

 

客室にはコンドミニアム含め専用のお風呂・シャワールームはありません。
でも、1階に源泉かけ流しの大浴場があります。
ご利用時間は、午前6時~9時、午後4時~11時となっております。
また、2階に24時間ご利用頂ける(掃除の時間は除く)シャワールームが男女各2ブースあります。
どちらも共用となっておりますので、ご利用ルールをお守り下さい。
シャンプー・リンス・ボディソープは備え付けております。
また、ドライヤーは各脱衣場に備え付けておりますが、お部屋にはありません。

 

 

 

【タオル・アメニティ類】

 

タオル、歯磨きセット、ヘアブラシ、髭剃りはお持ち下さい。

もし、お忘れの場合はレンタル・販売しておりますので、フロントにお申し付けください。

 

レンタルアメニティ バスタオル   200円
販売アメニティ   フェイスタオル 100円
歯磨きセット   50円

 

 

 

【駐車場・アプローチ】

 

Muの駐車場 少し分かりにくいです。
できれば事前にMuのHP内のアクセス(https://mu-hostel.com/access/)をご覧頂ければと思います。写真付きで分かりやすくご案内しています。

その駐車場から歩くこと約2分 最大の難所のアプローチ階段が皆様をお迎えします。全部で41段になります。(踊り場が2ヶ所あります。)
本当に申し訳ありませんが、古い建物がベースのMuにとって物理的にどうしようもない部分となっています。

ロングステイに最適と言いながら、大きなトランクは大変です。
でも、ご到着時に階段下でお荷物を降ろして頂き、インターフォンでスタッフをお呼び頂ければ、満面の笑みでお荷物運びに降りていきます。
ここは、人海戦術で対応させて頂きます!!
実際、高齢者の方や大きなトランクをいっぱい持ってこられた外国人旅行者の方々にもご不便をお掛けせずにご利用頂きました。(ご迷惑をお掛けしたゲストもいらっしゃいました…本当に申し訳ございませんでした。)

 

でも、階段を上って頂くと、そこは海に面した高台 眺望間違いなしです。
また、暗くなってからのライティングもちょっとオシャレです。

 

 

 

 

※Muと駐車場の行き方の詳細はこちらの動画を御覧ください。

 

 

 

【客室 コンドミニアム】

 

4階~7階の客室は60㎡超えの2LDKタイプのコンドミニアムになっています。
2LDKのマンションのお部屋と思っていただいていいかと思います。
キッチンにダイニングセットまたはソファセットを備え付けております。
また、冷蔵庫・電子レンジ・ケトル・TV等電化製品も備え付けておりますので、お部屋での調理やお食事も可能です。
ベッドルームは和室8帖、和室6帖となります。
定員は、5名様となっております。

 

エキストラチャージをお支払い頂ますと、最大で7名様までお泊り頂けます。
エキストラチャージはお一人様1泊につき3,300円になります。

 

お部屋は、海に面しているオーシャンビュータイプと南向きのスタンダードタイプがあります。どちらも海を見ることができる明るいお部屋です。
特にオーシャンビュータイプは、崎の湯から円月島まで見渡すことのでき、お天気のいい日は美しい夕陽を見ることができるお部屋となります。
できればロングステイして頂きたいお部屋です

 

 

 

 

【客室 ドミトリー】

 

3階と2階の一部はドミトリーになっています。
ドミトリーとは、相部屋を意味します。
Muのドミトリーはコンドミニアムと同じお部屋を使っています。
リビング部分に2ベッド、和室8帖にお布団を2組をセットし、それぞれを地元の藍染屋さん(藍の里あさもと工房https://www.aizome.jp/) で作ってもらったスクリーンで仕切っています。
6帖のお部屋は、独立しているのでドアに鍵をつけて、3名様までお利用できるドミトリー個室としています。
お部屋は、女性専用室と男女兼用室を設けております。
予約サイトによって、表示が違いますのでご注意ください。
(Booking.Comではeconomy triple room(mix)、triple room for female となっています。)

 

これらのドミトリーおよびドミトリー個室は、寝るためだけのスペースとしてご提供しております。就寝の妨げになるような大きな声でのおしゃべりはお控え下さい。
またお子様のご利用も制限させて頂いております。
(ドミトリーは18歳未満、ドミトリー個室は12歳未満のお子様のご利用はご遠慮願います。)
お食事を食べたり(もちろんお料理することもできます!)またご歓談には、共有のキッチン、ダイニング・リビングルームをご利用頂き、他のゲストの方々と交流して下さい。

 

【ベッドメーク】

 

お布団はゲストの皆様ご自身で敷いて頂くようお願いしております。
お部屋には、シーツ等のリネンをご用意しておりますので、そちらもセットをお願いします。
また、チェックアウトの際には、リネンを所定の場所へお持ち下さい。

 

 

 

【朝食】

 

Muの朝食は、パンとゆで卵とコーヒーのめっちゃシンプルなメニューです。よく言えば、コンチネンタルブレイクファーストと言えなくもないですが….
意図としては、それにヨーグルトやソーセージ、チーズを付け加えて頂いたり、またゆで卵を潰してエッグサンドを作って頂いたりオリジナルな朝食をアレンジできるよう最低限の食材を提供しているということです。
コンドミニアムのキッチンやシェアキッチンをご利用頂き、お客様のオリジナルな朝食をお楽しみ下さい。

 

 


 

【共用キッチン・リビング】

 

Muの2階には、共用のキッチン・ダイニングとリビング(お座敷)があります。
キッチンは主にドミトリーのお客様にご利用頂くためにご用意しています。共用の冷蔵庫もあります。そのままダイニングでお食事を取って頂けます。
また、エスプレッソマシンもありますので、いつでもフリーにコーヒーが飲めます。
畳敷のリビングは、海を眺めながらリラックスできます。co-working spaceとしてもご利用可能で、多くの外国人のゲストはPCを持ってきて何やら作業されています。

 

これらのダイニングキッチンやお座敷リビングは貸切ることもできます。(繁忙期はお断りする場合もあります。)
各室 3時間 5,000円(税抜き)

 

忘年会・新年会、お誕生日会、プチ同窓会、サークル旅行 などなどパーティにご利用頂ければ嬉しいなぁ~!!
記念のケーキもアレンジできますし、サプライズの演出もお手伝いします。ブルーツゥーススピーカーもあるので、ご機嫌な音楽で楽しいパーティ開いてください。
但し、他のお客様もお泊りですのでMuのルールはお守りください。

 

 

 

【ロビーラウンジ】

 

1階ロビーラウンジは、ちょっとカッコつけてます。
デザイナーさん(studio m+ 藤イ昌ト氏 http://studiomplus.co.jp/)にデザインしてもらい、Muでも少し手を加え、写真映えするようにしてますが、どうですか?

 

照明は、テラスも含めFLOS(http://japan.flos.com/)を始めとする海外のデザイナーズ照明、家具も有名デザイナーズや制作もの、壁にはMarimekko(京都 alph  http://alph-kyoto.com/)のファブリックパネルなどなど頑張ってみました。
チェックイン、チェックアウトの待合だけではもったいない空間です。

 

夜はBARメニューもご用意してます。
空いている時間 ここをco-working spaceとしてご利用下さい!!きっと絵になります!!
また、ミニコンサートやちょっとしたギャラリーにも利用できます。
お好きに利用頂ければと思います。先日の家族連れのゲストは、BARメニューのカクテルを飲みながらお子様に勉強を教えていらっしゃいました。

 

 

 

最後に屋上をご紹介します。
Muの屋上は、最高です。
崎の湯から円月島まで見渡すことができます。花火の日はもちろん、夏の夕暮れのひと時リラックスできれば絶対最高だと思います。

この屋上に、ルーフデッキを作れたら….
ただ、白浜は風が強い!!台風で飛んで行ったらと思うと二の足を踏んじゃいます。
それに資金が…..技術的に台風でも飛んでいかないデッキを作ることは可能だと思いますが、お金が多分いっぱい掛かるだろうし…..

こんなMuですが、皆様のご希望に添えますか?
また、ご質問あれば何なりと聞いて下さい。